名人和牛の卸ならお任せ下さい。

株式会社SPECK

名人和牛の卸【ポイントとFAQ】

美味しい和牛をお探しの方は、迷わず名人和牛専門店「株式会社SPECK」にお任せください。
名人和牛とは、究極の餌で育てあげた究極の和牛のこと。
私たちが普段口にしている牛肉には、国産和牛、輸入和牛、交雑種(F1)、乳用種(ホルスタイン)など様々な種類がありますが、黒毛和牛は日本が誇る世界最高クラスの牛肉です。
名人和牛は、その黒毛和牛を原料と栄養価にこだわった餌を与え、徹底管理の下で育てた、まさに極上和牛です。

名人和牛 卸

脂がしつこい一般的な霜降和牛と比べて、融点が低くてあっさりした脂質が特徴で、たくさん食べても飽きがこないあっさりとした味に仕上がっています。
最高級の牛肉を作るためには、牛の血統の選別が重要になりますが、その次の段階で大事なことが、牛の餌である飼料なのです。
弊社では、名人和牛以外にも、松坂牛、宮崎牛、仙台牛、山形牛、伊賀牛など、数多くの高級和牛を取り扱いしています。
日曜日、祭日にお休みをいただいておりますが、それ以外は毎日営業しておりますので、どうぞお気軽にご連絡・ご相談ください。
皆様からのお問い合わせを、スタッフ一同心からお待ちしております。

01名人和牛とは?

名人和牛は聞いたことがありますか?
和牛は一般的に、「神戸牛、佐賀牛、近江牛」など、産地で呼ばれます。
しかし名人和牛の場合は、産地にかかわらず、エサと管理を統一して生産される和牛のことを言います。
つまり、産地の気候ではなく、エサの質や美味しさ、栄養バランスなどを徹底的に管理し、産地に関係なく育成できるようになるために作った餌が「名人」と呼ばれるものです。
この餌を食べて育てられた和牛のことを総称して「名人和牛」と呼ばれます。
簡単にいえば、長期間美味しいものを食べて育った牛は、おいしく育つという考え方により育てられた牛であり、それを体現している和牛銘柄となります。

02名人和牛を初めて食べる方へ

名人和牛は、和牛の中でも格別の美味さを誇ると言われています。
霜降り肉は、脂がしつこくて、たくさん食べることはできないと言われる人が多々おりますが、名人和牛はそんなことがありません。
名人和牛の特徴に、融点が低いというものがあります。
融点が低いので、当然低い温度で脂が溶け出してくれるので、肉本来の旨みと脂のあまみが絶妙にマッチし、素晴らしい味わいだと評判です。
名人和牛の元々のテーマとして、
「人間が食べて美味しいと感じるものを牛に食べさせれば、牛も美味しくなる」
というものがあります。
なので、名人和牛では、長い期間、人間が美味しいと思える穀物を与えて育て、霜降りとなっているので、脂もしつこくなく、深い味わいの奥に旨味がある牛肉となっているわ毛です。
どんな食べ方でもおすすめですが、低い温度でじっくりと溶け出した脂が美味しいのはすき焼きです(好みは人それぞれです!)。
あまり火入れを長くしてしまうと、肉が硬くなってしまうので、ゆっくりと弱火で色が変わるくらいの調理方法をおすすめします。

名人和牛を初めて食べる方へ

FAQ一覧

PageTop